サイト監修

医療法人社団友成会 タマガワ矯正歯科クリニック
広島市南区京橋町1-2 新京橋ビル4階

予約はこちら
予約はこちら

広島県広島市南区のタマガワ矯正歯科クリニック監修。子供から成人まで、歯並びや噛み合わせでお悩みの女性のための歯列矯正情報。

10代の歯列矯正

Q&A

求人のご案内

矯正はいつから始めたら良いでしょうか?

お子様の矯正開始時期を知るには

お子様の矯正開始時期を知るための3つのポイント

「不正咬合(悪い噛み合わせ)を発見するポイント」を知ること。

正面から見た時の顔や顎のゆがみは、不正咬合を見つける重要なポイントです。子供の顔のゆがみは噛み合わせや悪習癖が原因で生ずることが多いと言われています。原因を放っておくと、大人になって外科手術も含めた矯正治療が必要になることもあります。
ほんのささいなことと気づかないでいる頬杖や寝癖などの癖も、歯や顎が変形するような悪影響があります。想像以上の悪影響を及ぼしますので気を付けましょう。

上顎前突や下顎前突は低学年では軽度でも、学年が上がるにつれ成長により悪化する傾向があります。このような不正咬合は成長期(小学校中・高学年)前から治療することが勧められています。この時期の治療は、不正な成長を抑制し、成長を正常な方向に向かわせることで症状の軽減を行うことを目的としています。

悪い噛み合わせをそのままにしておくと、もっと悪くなってしまうケースを早く見つける。

歯が左右対称に生え変わっているか観察しましょう。左右の歯は同時期に生え変わるのが普通ですが、片方が生えてくるのがきわめて遅い場合には、永久歯が欠如していたり、歯肉中で不正な方向に向いて埋もれている場合があります。

また、第一大臼歯や小臼歯が隙間がないために、隣の歯に引っかかって生えてこれない場合は、歯ブラシの毛先がとどかず虫歯になりやすく、または両隣の歯がさらによってきて、ますます歯並びとかみ合わせが悪くなることが問題になります。

「骨の問題」と「歯の生え変わり」の問題点で考える。

「口が開きづらい」とか「顎が痛い」といった顎関節症の症状も、歯並びや噛み合わせに関係する問題です。大人の顎関節症は子供の頃からの不正咬合が影響しているという報告もあり、さらに子供の頃から続く悪習癖や頬杖のような悪い姿勢も歯並びに影響していると言われています。

小学生は、低学年から高学年まで年齢差が広く、ちょうど混合歯列から永久歯列への生え変わりの時期に当たります。そのため、この時期は生えている歯の種類も様々です。また児童の治療への理解度や協力度も個人差があることを考えると、矯正治療の開始時期をご両親が歯並びの状態だけで判断するのは簡単ではないと思われます。

また、低学年・中学年ではできるだけ単純な矯正装置を使用し、患者さん本人の負担を軽くしますが、それでも本人が矯正装置を使わないと治らないということを理解し、納得したうえで、さらに治療についていけるかなどを総合的に判断してあげる必要があるでしょう。

矯正相談に行くきっかけとしては、学校検診の指摘や、子供本人が歯並びや噛み合わせを気にしている時、両親が子供の歯並びや噛み合わせが気になる時が一般的です。

以上を総合して検討するためにも、矯正専門開業医に不正咬合の状態の把握と開始時期について相談されることをお勧めします。

矯正治療をしている10代前半の女性は、こんな人

歯だけではなく、心も健康的になっています

思春期に入り感受性も強くなる12歳頃から、他人の目が気になる子供が増えているようです。

特におしゃれに敏感な女の子の間ではその傾向が強いようです。自分の歯並びを気にして笑う時に手で口元を覆うような行為は今はほとんど見られませんが、悪い歯並びが気になると、逆に口を開けないようにすることにより、顔の筋肉の発育を阻害するのはもちろん、不自然で暗いイメージを与えます。

歯列矯正をすることは、歯並びを美しくすることだけでなく、精神的にも明るく前向きになるので、心身ともに健康な生活を送ることができると言えます。

歯を抜かずに矯正治療をしたい

全ての歯が永久歯に生え変わる前の「混合歯列期」に歯列矯正を始めることで、永久歯が生え揃う前に、永久歯が生える余地を確保することができます。これにより、歯を抜かない永久歯の歯列矯正を行う治療の可能性が高くなります。

混合歯列前期に「拡大装置」を使用することで、永久歯列で拡大を行うよりも、より効果的に顎骨や歯列を拡げることが可能です。

子供の頃から歯列矯正を行うことは、大人になってから始めるのに比べて、こういったメリットがあります。

顎のバランスを整える

片方の歯ばかりで噛んでしまうことを「偏咀嚼(へんそしゃく)」と言い、それをずっと続けていると顎の骨のバランスが悪くなってしまいます。

歯列矯正と合わせて成長する顎のバランスを整えることで、正しい咀嚼に治すことができます。

「歯を大事に」という考えを持たせたい親御さん

歯列矯正は、数年、定期的に歯科医院に通い、治療を行います。

子供の頃から定期的に歯科医院に通い、食生活指導や歯ブラシの練習などを習うことで、歯に対する意識が強くなることが期待できます。

10代前半の歯列矯正に関するデータ

女子中学生の正常咬合と不正咬合の割合

  • 正常咬合 46.9%
  • 不正咬合 53.1%

(広島矯正歯科医会 調査)

女子中学生の不正咬合の種類の割合

  • 叢生(歯のでこぼこ)46.3%
  • 上顎前突(出っ歯)24.9%
  • 反対咬合(受け口)6.8%
  • その他 22.0%

(広島矯正歯科医会 調査)

歯列矯正をしている10代後半の女性は、こんな人

認識の変化から、より手軽なイメージを持っています

最近では、有名人や芸能人が矯正装置を堂々とつけてテレビに出ていることも多く、女子中高生の間では、矯正治療を「おしゃれなもの」として受け止めている人も多くなりました。

また、最近ではカラフルでおしゃれな矯正器具も登場していますので、矯正治療を楽しみながら行うこともできるようになりました。

10代後半の歯列矯正に関するデータ

女子高校生の正常咬合と不正咬合の割合

  • 正常咬合 40.7%
  • 不正咬合 59.3%

(広島矯正歯科医会 調査)

女子高校生の不正咬合の種類の割合

  • 叢生(歯のでこぼこ)42.8%
  • 上顎前突(出っ歯)28.5%
  • 反対咬合(受け口)4.5%
  • その他 24.2%

(広島矯正歯科医会 調査)

PAGE TOP